Sep. 30, 2015

アイシン・エーアイ株式会社
アイシン精機株式会社
トヨタ自動車株式会社

マニュアルトランスミッション事業集約に関し追加合意

 

 アイシン精機株式会社(社長 : 伊原保守、以下、アイシン)、その子会社であるアイシン・エーアイ株式会社(社長 : 杉浦一道、以下、アイシン・エーアイ)とトヨタ自動車株式会社(社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)は、昨年11月に基本合意した自動車用マニュアルトランスミッション(以下、M/T)に関する開発・生産機能のアイシン・エーアイへの集約について、追加合意を行った。

 今回の追加合意は、従来の合意事項である「アイシン・エーアイ、トヨタの2社にまたがる機能を集約し、リソーセスを最適に配分することで、競争力を強化していく」ことを着実に前進させるために、より詳細について合意したものである。

 具体的には、まず、量産車向けのM/T開発機能は、2016年内を目処にアイシン・エーアイに集約する。また、トヨタの国内生産分については、2016年2月を目処にアイシン・エーアイの国内工場への移管を完了する。
 海外生産においては、アイシンが、フィリピントヨタ自動車部品(株)およびトヨタキルロスカオートパーツ(株)の両社に、一部資本参加する。参加時期はそれぞれ2016年1月、2016年7月を目処に、資本参加の比率は全体の1/4から1/3の範囲で、関係者間で協議の上、決定する。

 アイシン・エーアイおよびアイシンは、今後、量産車向けのM/Tの開発を独立して行うとともに、アジアを中心としたグローバルな生産・供給体制を整えていくことで、世界トップクラスのトランスミッションメーカーとして、更なる成長を目指していく。一方、トヨタは、リソーセスを、より一層、次世代トランスミッションおよびそれに関わる車両性能の開発に集中することで「もっといいクルマづくり」を更に推進していく。

関連会社概要
会社名 フィリピントヨタ自動車部品(株) トヨタキルロスカオートパーツ(株)
設立 1990年8月 2002年7月
資本
資本金
10億ペソ
比率
トヨタ自動車(株) 95%
フィリピントヨタ自動車(株) 5%
資本金
3,375百万ルピー
比率
トヨタ自動車(株) 64%
(株)豊田自動織機 26%
キルロスカ・システムズ・リミテッド 10%
所在地 フィリピン ラグナ州サンタロサ市 インド カルナタカ州ベンガルール市
主要生産品目 M/T、等速ジョイント M/T、エンジン、アクスル、プロペラシャフト
M/T生産台数 34万台/年(2014年実績) 31万台/年(2014年実績)
生産開始年月 1992年9月 2002年7月
従業員数 1,616名(2015年8月現在)
M/T以外の事業も含む
1,377名(2015年8月現在)
M/T以外の事業も含む
アイシン資本
参加時期(予定)
2016年1月 2016年7月

以上