スクロール

スワイプ

安全・安心なクルマづくり

クルマは自由に移動できる便利な乗り物です。将来にわたり楽しく、
安全に安心してクルマに乗るために、クルマに乗っている人や歩いている人、
みんなの安全を願い、交通事故による死傷者をゼロにするという夢に向かって、
日々研究・開発に取り組んでいます。

交通事故を起こさないよう
安全運転をささえる「予防安全」

トヨタのクルマに搭載(とうさい)している予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」をはじめ、
交通事故が起こりやすい状況に対応するためのさまざまな機能で、ドライバーの安全運転を支えんします。

衝突(しょうとつ)による交通事故にそなえる自動ブレーキ
プリクラッシュセーフティ

レーダーとカメラで、前方のクルマをはじめ、クルマの前に歩行者、自転車などがこないかを見ています。ぶつかってしまう危険があると判断したときには、警報を鳴らしてドライバーに知らせてくれます。

それでもぶつかることがさけられないと判断した場合には、クルマが自動でブレーキをかけたり、ハンドルを操作して、ぶつかるのを防いでくれたり、ぶつかったときの衝撃(しょうげき)を減らすことに貢献(こうけん)してくれます。

前のクルマとちょうど良い車間距離(きょり)で走る
レーダークルーズコントロール

高速道路で設定したスピードで走行できます。また、レーダーとカメラで前を走るクルマとの距離をはかって、ちょうど良い車間距離を保ち走行できます。

前を走るクルマの速度がおそい場合には、その速度にあわせてクルマが自動的にスピードを落とします。

渋滞(じゅうたい)などのノロノロ運転でも前のクルマとの車間距離を保ちながら走ることができます。

高速道路で車線からのはみ出しをふせぎ
車線の真ん中を走れるようにする

レーントレーシングアシスト

カメラで、高速道路の車線を確認しながら走っています。

クルマが車線の真ん中を走れるように、クルマ自身がハンドル操作を助けてくれます。

クルマが車線の真ん中からはみ出しそうなときは、音と表示でドライバーに知らせます。

夜に起こる交通事故を防止するための
アダプティブハイビームシステム

カメラで前を走るクルマや対向するクルマ、道路の電灯などをみて、ライトを自動的に切り替えてくれます。

夜に運転するときは、遠くまで照らすことができるハイビームを使うことで、夜間見えにくい歩行者などを早く発見することができます。

しかし、ハイビームのままで走っていると前を走るクルマや対向するクルマのドライバーがまぶしいため、その時は、前を走るクルマや対向するクルマにあたる部分の光だけが暗くなります。

道路標識の見逃しを防止する
ロードサインアシスト

道路標識には、制限速度や一旦停止など、ドライバーが守らなければいけない情報がいっぱいです。

カメラが道路標識を見て、クルマのディスプレイに表示して、ドライバーに知らせることで、安全運転につなげます。

前方のクルマが進んだことを知らせる
先行車発進告知機能

信号が変わって、前のクルマが進んだのに気付かず発進していない場合に、音とディスプレイの表示で知らせてくれます。

ふみ間ちがえをサポートする
インテリジェントクリアランスソナー

駐車場でアクセルとブレーキをふみ間ちがえた時に、自動でブレーキをかけて、衝突の被害を減らしてくれます。

また、すでに販売されたクルマに後から取り付けることができる「踏(ふ)み間違(ちが)い加速抑制(よくせい)システム」もあり、取り付けることができる車種を増やしています。

ぶつかったときに守ってくれる「衝突(しょうとつ)安全」

さけきれずクルマがぶつかってしまった時に、乗っている人や歩行者などを守る装備があります。

世界トップレベルの
衝突安全ボディGOA

クルマのボディの前や後ろをつぶれやすく工夫しています。

これは、ぶつかったときにクルマのボディをつぶすことで乗っている人への衝撃(しょうげき)をやわらげるためです。

人が乗る部分はとてもがんじょうにして守ってくれます。

ぶつかったときの衝撃をやわらげる
エアバッグ

エアバッグは、ハンドルやドアガラスの上などについていて、クルマがぶつかった瞬間にふくらみ、乗っている人がハンドルやガラスにぶつかる衝撃をやわらげます

エアバッグは、シートベルトをしているときに効果があるので、シートベルトは忘れずにしてください。

歩行者への衝撃をやわらげる
ポップアップフード

もし万が一、クルマが歩行者とぶつかってしまったとき、ボンネットの後ろの方を瞬時に持ち上げることで、歩行者の頭の衝撃をやわらげます

だれもが安全でスムーズ、自由に移動できる

最近よく聞く「自動運転」。
トヨタでは、からだの不自由な人や高れいの人たちをふくめて、すべての人が安全、スムーズ、自由に移動できる社会をめざして、
1990年から自動運転技術の開発を進めています。

トヨタでは、人とクルマが同じ目的で、見守ったり助け合ったりする仲間のような関係「チームメイト(Teammate)」になることをめざしています。

このチームメイトの考え方のもと、開発された高度な運転支えん技術が実際のクルマに搭載されています。

より安全・安心でスムーズに駐車を支えん
Advanced Park(アドバンスト パーク)

クルマ自身が、ドライバーのかん視のもと、
カメラやソナーで周囲を確認しながら、
ハンドル、シフトレバー、アクセル、ブレーキなどの
すべての操作をコントロールして、駐車します。

より安全・安心でスムーズな駐車を支えんします。

高速道路などの本線から出口までの運転を支えんする
Advanced Drive(アドバンスト ドライブ)

クルマ自身が、ドライバーを見守りながら、実際の交通状きょうにあわせて
車間距離を維持(いじ)したり、車線変こうや追いこしなどを行い、
高速道路や自動車せん用道路の走行を支えんします。

ドライバーが安全確認(かくにん)できる状態であるとクルマ自身が判断した場合に、
ドライバーは、アクセルやブレーキ、ハンドルそう作からも解放されるため、
長時間の運転によるつかれが少なくなり、
より周囲に注意をはらった安全な運転ができます。

現在、MIRAIやレクサスLSに採用されています。

Loading