2月13日(土)に福島県沖で発生した地震により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

今回の地震による部品供給不足により、以下の通り、国内の完成車工場における生産稼働の調整を行う予定です。仕入先ならびに近隣の方々には、今回の変更に伴い、様々なご不便をお掛けすることをお詫び申し上げます。

2/22(月)以降の稼働停止(全14工場28ライン中、8工場12ライン)

工場名 稼働停止日程 生産車種
トヨタ自動車
高岡工場
第2ライン 2/22(月)、23(火) ハリアー、プリウスα、RAV4
トヨタ自動車
田原工場
第1ライン プラド、GX、4Runner
第3ライン LS、IS、RC、NX
トヨタ自動車九州
宮田工場
第1ライン NX、UX、CT
第2ライン ES、RX
トヨタ車体
富士松工場
第1ライン LC70
トヨタ車体
吉原工場
第1ライン LC200/LX
第2ライン LC70
岐阜車体*2 第2ライン コースター
豊田自動織機 302ライン RAV4
日野自動車 羽村工場 第1ライン プラド、FJクルーザー
第2ライン 2/22(月)、23(火) ダイナ
*1 日野自動車 羽村工場 第2ライン情報を更新(下線が更新分)
*2 岐阜車体 第2ラインは、一直稼働

以上

Sustainable Development Goals

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

関連コンテンツ