以下の通り、部品供給不足により、6月に国内の完成車工場における生産稼働の調整を行う予定です。お客様及び関連仕入先の方々には、今回の変更に伴い、様々なご不便をお掛けすることをお詫び申し上げます。

稼働停止(全14工場29ライン中、2工場3ライン)

工場名 稼働停止日程 期間 生産車種
現時点での納期影響車種のみ記載
トヨタ自動車東日本
岩手工場
第1ライン 6/7(月)~6/14(月)
及び
6/21(月)~6/22(火)
8日間 C-HR
第2ライン 6/9(水)~6/15(火) 5日間 ヤリス、ヤリス クロス
トヨタ自動車東日本
宮城大衡工場
6/9(水)~6/11(金) 3日間 ヤリス クロス

上記ラインはすべて2直稼働

以上

Sustainable Development Goals

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

関連コンテンツ