6つのチャレンジ

山積する地球環境の課題を踏まえ、2015年10月に「トヨタ環境チャレンジ2050」を公表しました。6つのチャレンジのもと、「CO2ゼロ」と「プラスの社会」を目指した取り組みを推進し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

新車CO2ゼロチャレンジ
新車CO2ゼロチャレンジ 環境報告書2020P18-19 P35

取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 気候変動に具体的な対策を
工場CO2ゼロチャレンジ
工場CO2ゼロチャレンジ 環境報告書2020P20-21 P36

取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 気候変動に具体的な対策を
ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ
ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ 環境報告書2020P22-23 P37

取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
水環境インパクト最小化チャレンジ
水環境インパクト最小化チャレンジ 環境報告書2020P24-25 P38

取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • 安全な水とトイレを世界中に
循環型社会・システム構築チャレンジ
循環型社会・システム構築チャレンジ 環境報告書2020P26-27 P38-39
  • クルリサ ~クルマとリサイクル~
    クルリサ ~クルマとリサイクル~
    トヨタがチャレンジしている最先端の資源循環の取り組みを冊子にまとめています。
  • ハイブリッド車バッテリーリサイクル
    ハイブリッド車バッテリーリサイクル
    電動車の重要部品である、動力バッテリーの3R(リビルト、リユース、リサイクル)を推進しています。
  • 易解体設計
    易解体設計
    廃車の資源循環を推進するため、解体・分別がしやすい設計を積極的に採用しています。

取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任 つかう責任
人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ
人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ 環境報告書2020P28-29 P39
  • トヨタ環境活動助成プログラム
    トヨタ環境活動助成プログラム
    次世代を担う人材の育成のために、環境活動を支援するための助成プログラムを実施しています。

取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • つくる責任 つかう責任
  • 陸の豊かさも守ろう