トヨタは、ダイバーシティ推進を重要な経営戦略のひとつとして位置づけ、多様な人材がいきいきと働きがいを持って活躍するための取り組みを推進しています。女性活躍推進においては、育児や介護などをしながら安心して働き続けられるように、環境整備などの両立支援に取り組んでいます。

女性活躍推進法に基づくトヨタ自動車株式会社 行動計画

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定。

  1. 計画期間

2020年4月1日~2025年3月31日

  1. 『女性労働者に対する職業生活に関する機会の提供』について

  1. 課題
    管理職に占める女性の割合が低い(16-20年計画に引き続き、継続取組みが必要)
  2. 目標
    1. 女性管理職数を、登用目標を定めた2014年時点に対し、2025年に4倍、2030年に5倍とする
  3. 取組み内容
    採用
    新卒採用時の女性一定比率採用(事務系40%以上、技術系10%以上)、および中途女性積極採用の継続(2020年以前より継続実施)
    体制構築
    各本部・カンパニーの女性育成状況に関し、取締役への報告体制構築(2020年~)
    育成
    個別育成計画の立案・運用(2020年以前より継続実施)、メンター制度の活用(2020年~)
    ネットワーキング
    グローバル女性会議、昇格候補者と社内外(海外)管理職の座談会、等実施(2019年~)

  1. 『職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備』について

  1. 課題
    在宅勤務・テレワーク制度の導入・拡大を進めてきたが、活用については途上である
  2. 目標
    1. 育児・介護等の事由の有無に関わらず活用できる、在宅勤務・テレワークの利用者数を、2025年時点で全社員(生産職を除く時間管理対象者)の50%以上とする
  3. 取組み内容
    環境整備・周知浸透
    ITツールによる、物理的に会社にいなくても大差ない働き方の拡大・浸透(2020年~)
    風土醸成
    在宅・テレワークがハンデにならない組織風土づくり(2020年~)

次世代育成支援対策推進法に基づくトヨタ自動車株式会社 行動計画

  1. 計画期間

2021年4月1日~2023年3月31日

  1. 内容

目標1
多様な人材の「成長」と「全員活躍」の推進
取組み
  • 両立者を含む多様な人材の「成長」「全員活躍」についての労使コミュニケーションの更なる強化(2021年~)
  • 上司・部下間の「本音での対話」を更に促進する施策(2021年~)
目標2
両立支援に関する諸制度及び両立事例の周知、理解促進
取組み
  • 両立者向け情報発信サイトの利便性向上(2021年~)
    • 新着情報通知メールサービスの導入
    • ページ内検索機能の追加
    • 各種事例およびQ&Aの充実
目標3
男性育児参画の促進
取組み
  • 社内ホームページでの男性育児参画情報の発信・充実(2021年~)
    • 育休取得者による体験レポートの掲載
    • 社内男性育児参画実績・推移データの掲載
    • 制度利用・手続き案内の充実(男性社員向けの案内を掲載)