• パートナーシップで目標を達成しよう

基本的な考え方

「クルマづくり、モノづくりを通じた社会への貢献」「お客様第一」を達成するためには、ビジネスパートナー(サプライヤーや販売店などの取引先)と理念を共有し、さまざまな活動に一丸となって取り組むことが不可欠です。
トヨタはオープンでフェアな企業活動を推進し、サステナビリティに対する取り組みを着実に推進すると同時に、安全・安心をはじめとする品質向上のために、ビジネスパートナーとの一体化を通じて、高いレベルのお客様満足度の実現に取り組みます。

サプライチェーン

トヨタは創業以来、サプライヤーと一体となってモノづくりを追求してきました。
そのなかで「相互信頼に基づく相互繁栄」の精神のもと、「調達基本方針」をグローバルに展開し、新たなパートナーとの関係も含め、緊密な関係を大切にしながら、共にお客様第一の活動を推進しています。
また、企業が取り組むべき社会的役割として、2009年に「仕入先CSRガイドライン」を作成・展開しサプライヤーと共に取り組んでまいりました。(2012年に一部改訂)
更には、2021年に、近年、深刻化する環境問題・人権問題への取り組みを中心に内容を見直し「仕入先サステナビリティガイドライン」として名称変更、改訂しました。
なお、取り引きに当たっては、法の遵守、人権の尊重、地域および地球環境への配慮を明記した契約を締結しています。
社内でも、各種セミナーを通じた教育などで、バイヤーも含む全社員の意識向上、啓発を図っています。

持続可能な天然ゴム調達方針

天然ゴムは、その大半が自動車用とも言われている大切な天然資源です。
一方で生産地における森林破壊やサプライチェーン上の社会問題、森林破壊等による生物多様性への悪影響などが懸念されています。
そこでトヨタは、この問題の環境面・社会面・経済面での改善をめざす国際的な枠組みであるGPSNRへ参加し、持続可能な天然ゴム調達への対応方針を定め、サプライヤーと協力して取組みを進めています。

Global Platform for Sustainable Natural Rubber

贈収賄防止に関するガイドライン(ビジネスパートナー用)

販売ネットワークとともに

販売店は、トヨタの「お客様第一」の理念が問われる最前線です。トヨタと販売店は、製品・サービスの価値を共有し、固い信頼関係で結ばれたパートナーとして、常にお客様満足の向上を目指して、双方向の緊密なコミュニケーションのもと、一体となり取り組みを展開しています。

関連情報

  • Sustainability Data Book
    Sustainability Data Book
    トヨタのサステナビリティの考え方や各取り組みについて、前年度の活動を中心にお伝えするデータブックです。