2015年10月14日、トヨタは「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表いたしました。
環境と経済を両立させた「持続可能な社会」実現に向けて、環境に関する知識を身につけること、実際に活動していくことにチャレンジしていきます。

その内のチャレンジ6「人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ」の具体的な活動のひとつとして、『グリーンウェーブプロジェクト』を、オールトヨタ自然共生ワーキンググループ参加会社で立ち上げ、2016年から活動を開始しました。

人と自然が共生できる未来のために…

人と自然が共生していくためには、各地域の豊かな森や水や生き物などの自然を守っていかなくてはなりません。トヨタのグループ各社では、地域ごとの「いい町・いい社会」を実現するために、工場の森づくり、周辺の環境保全など、活動を進めてきました。今後も、グループ、地域、団体の活動をつなぎ、さまざまな活動を展開していき、人と自然が共生する未来を目指します。

  • 2018年[vol.3](PDF : 1.69MB/全3ページ)
    2018年[vol.3](PDF : 1.69MB/全3ページ)
  • 2017年[vol.2](PDF : 4.09MB/全6ページ)
    2017年[vol.2](PDF : 4.09MB/全6ページ)
  • 2016年[vol.1](PDF : 5.03MB/全18ページ)
    2016年[vol.1](PDF : 5.03MB/全18ページ)