2015年05月08日

2015年3月期 決算説明会

 

 トヨタ自動車(株)は2015年5月8日に、2015年3月期決算を発表しました。同日開催した決算説明会の模様を動画でご覧いただけます。

英語での視聴をご希望の方はこちら

2015年3月期 決算説明会

将来予測・インサイダー取引について

 映像内の資料には、当社(連結子会社を含む)の見通し等の将来に関する記述が含まれております。
 これらの将来に関する記述は、当社が現在入手している情報を基礎とした判断および仮定に基づいており、判断や仮定に内在する不確定性および今後の事業運営や内外の状況変化等による変動可能性に照らし、将来における当社の実際の業績と大きく異なる可能性があります。なお、上記の不確定性および変動可能性を有する要素は多数あり、以下のようなものが含まれます。

  • 日本、北米、欧州、アジアおよび当社が営業活動を行っているその他の国の自動車市場に影響を与える経済情勢、市場の需要ならびにそれらにおける競争環境
  • 為替相場の変動(主として日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、ロシア・ルーブル、加ドルおよび英国ポンドの相場変動)および金利変動
  • 金融市場における資金調達環境の変動および金融サービスにおける競争激化
  • 効果的な販売・流通を実施する当社の能力
  • 経営陣が設定したレベル、またはタイミングどおりに生産効率の実現と設備投資を実施する当社の能力
  • 当社が営業活動を行っている市場内における法律、規制および政府政策の変更で、特にリコール等改善措置を含む安全性、貿易、環境保全、自動車排出ガス、燃費効率の面などにおいて当社の自動車事業に影響を与えるもの、または現在・将来の訴訟やその他の法的手続きの結果を含めた当社のその他の営業活動に影響を与える法律、規制および政府政策の変更など
  • 当社が営業活動を行っている市場内における政治的および経済的な不安定さ
  • タイムリーに顧客のニーズに対応した新商品を開発し、それらが市場で受け入れられるようにする当社の能力
  • ブランド・イメージの毀損
  • 仕入先への部品供給の依存
  • 原材料価格の上昇
  • デジタル情報技術への依存
  • 当社が材料、部品、資材などを調達し、自社製品を製造、流通、販売する主な市場における、燃料供給の不足、電力・交通機能のマヒ、ストライキ、作業の中断、または労働力確保が中断されたり、困難である状況など
  • 生産および販売面への影響を含む、自然災害による様々な影響

 以上の要素およびその他の変動要素全般に関する追加情報については、当社の有価証券報告書または米国証券取引委員会に提出された年次報告書(フォーム20-F)をご参照ください。

インサイダー取引に関するご注意

 企業から直接、未公開の重要事実の伝達を受けた投資家(第一次情報受領者)は、当該情報が「公表」される前に株式売買等を行うことが禁じられています(金融商品取引法166条)。

 同法施行令により、二以上の報道機関に対して企業が当該情報を公開してから12時間が経過した時点、または、証券取引所に通知しかつ内閣府令で定める電磁的方法(TDnetの適時開示情報閲覧サービス)により掲載された時点を以って「公表」されたものとみなされます。

以上

ダウンロード(動画)

  • 2015年3月期 決算説明会
    2015年3月期 決算説明会