TOYOTA GAZOO Racing

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、ランドクルーザー生誕70周年にあたる8月1日、ランドクルーザー「40系」(1960~84年生産)の補給部品復刻を公表しました。なお、当該部品は「GRヘリテージパーツプロジェクト」として復刻する予定です。

当プロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というお客様の想いに応えるべく、サプライヤーによる特別協力のもと既に廃版となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売する取り組みです。

ランドクルーザー 40系
ランドクルーザー 40系

ランドクルーザーは「どこへでも行き、生きて帰ってこられること」を使命とし、生産終了後数十年を経過した車両であっても、世界各地で数多くのお客様にご愛用いただいており、それぞれの車両が人の命や暮らしを支える、またより豊かな人生を支える「現役選手」として活躍しています。

しかしながら、近年、補給部品が欠品となってしまうケースが出てきたことから、「今乗っているランクルにもう乗れなくなってしまうかもしれない」というご不安の声をいただいておりました。

そこで、「お客様がこれからも安心して安全に愛車にお乗りいただけるよう、ご要望が多く必要性の高い部品を復刻する」との考え方で、世界各地のランドクルーザー専門ショップやファンクラブ代表の方々などから、たくさんのお声を聞かせていただきました。この結果をもとに、40系の走る・曲がる・止まるに関連する重要機能部品(例 エンジン・駆動・排気系など)について、ヘリテージパーツとして再販売する調整を進めています。そして2022年の初めごろをめどに、準備の整いましたパーツから順次発売を予定しています。

また、WEBサイト内にて復刻のご要望をお伝えいただけるアンケートフォームを用意いたします。いただいたご意見も参考にさせていただき、次の復刻部品の選定に活用してまいります。

これまでA70/A80スープラ、2000GTについてヘリテージパーツの供給を進めてまいりましたが、ランドクルーザーに関しては、この40系を皮切りにそれ以降の車両のパーツについても供給の検討を順次進めていく予定です。

以上

Sustainable Development Goals

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

ダウンロード(画像)

キャプション付でみる
  • ランドクルーザー 40系
    ランドクルーザー 40系

関連コンテンツ