歩行領域での新たなモビリティ「C+walk T」を発売

TOYOTAは、歩行領域*1での新たなモビリティシリーズ「C+walk(シーウォーク)」の立ち乗りタイプである「C+walk T*2(シーウォークティー)」を、10月1日(金)よりトヨタ車両販売店を通じて販売するとともに、レンタリース店においても取り扱いを開始しました*3

C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
C+walk T“Safety support”<オプション装着車>

「C+walk T」は、立った姿勢での乗車を特徴とし、ステップ高150mmと低くフラットなステップによって、乗り降りしやすく、操作しやすい3輪BEVです。環境へのやさしさに加え、人間ひとりのスペースに限りなく近いコンパクトなサイズとし、人の「歩く」速さ*4で移動することで、周りの歩行者と「横並び」で会話ができるなど歩行空間での高い親和性を追求。走行時、前方の人や障害物との衝突回避に寄与する障害物検知機能といった装備も搭載し、歩行者との共存を目指しました。

法人利用としては、広大な施設内での移動や警備の現場で働くシニアの歩行負担の軽減、公園や施設内を巡るアクティビティツアーといったシーンを想定。また関連法規の改正動向も踏まえつつ、将来的には公道での使用も見据え、日常生活の中で、長距離の歩行に困難を感じている方々をサポートし、利用者の行動範囲の拡大に貢献したいと考えています。

  • 空港
    空港
  • ショッピングモール
    ショッピングモール

トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、すべての人が自由に移動できる、より良いモビリティ社会の実現に向け、様々な選択肢を用意。「C+pod*5」や「C+walk」シリーズは、利用者の行動範囲を広げ「笑顔」にするモビリティとして、ライフステージを支え、従来にはなかった新たなモビリティの価値を提案します。

トヨタは、お客様が「使いやすい、乗りたい」と感じて受け入れてくれるモビリティを提供し続けることで、より多くの人が「幸せ」になることをサポートしていきます。

なお、「C+walk」シリーズの座り乗りタイプ、車いす連結タイプについては、市販化に向けて現在開発を進めています。

*1 都市空間のうち自動車空間に対する概念。歩行者の安全や健康に配慮して設計されたルートやエリアの総称
*2 2021年10月時点においてC+walk Tは、現行法において公道(歩道)での走行は不可。走行可能エリアについては、取り扱いのトヨタ車両販売店及びレンタリース店にお問い合わせください
*3 一部取り扱いのない店舗があります
*4 速度切替スイッチの操作で最高速度の設定が可能。C+walk Tは、2~6km/hの5段階に加え熟練者用の10km/hを設定
*5 2020年12月発売。2人乗りの超小型BEV

生産工場

豊田鉄工株式会社

C+walk T メーカー希望小売価格

(消費税込み、単位 : 円)
  原動機 バッテリー 駆動 価格
  ブラシレス
DCモーター
リチウムイオンバッテリー 前輪駆動
(FF)
341,000
  “Safety support” 354,200
◎ : 掲載写真(除くオプション)

C+walk T 車両概要

  1. 「C+walk」シリーズならではの人にやさしいシンプルな操作系

ハンドルまわり<オプション装着車>
ハンドルまわり<オプション装着車>
リチウムバッテリー単体(取り外し後)
リチウムバッテリー単体(取り外し後)
  • ハンドル左右にあるアクセルレバーの操作だけで発進、加速、減速、停止までコントロール。押すと進み、離すと止まる簡単な操作。さらに、必要に応じ、左右両手で操作可能なブレーキレバーを握ることでより減速をサポート。バックボタンを押すことで後進可能
  • ハンドル角度やグリップ形状、レバー/ボタンの配置など、人間工学に基づき誰もが直感的に操作できるように配慮
  • バッテリー残量や速度がひと目で判る状態表示パネルを装備
  • バッテリー電源スイッチONの上、専用キー*1を認証エリアにかざすことでシステムを起動
  • 脱着式リチウムイオンバッテリーを付属の専用充電器(AC100V)に接続し、およそ2.5時間で充電が可能
*1 マスターキー1個、サブキー1個を標準装備
リチウムバッテリー単体(取り外し後)
リチウムバッテリー単体(取り外し後)

  1. 周囲の歩行者との共存を追求した走行性能

  • インホイールモーター方式を採用。フロントのホイール内にブラシレスDCモーターを配置することによって、スムーズな発進・停止と旋回フィーリングを実現。人が「歩く」速度域での移動とし1回の充電での連続走行距離約14km*2を達成
  • 前1輪、後2輪という車体構成。最大ハンドル角90度を実現しその場旋回(最小回転半径0.59m)が可能
*2 社内測定値。気温20℃、搭乗者の体重70kg、速度6km/hで平坦路移動した場合

  1. 歩行領域になじむスリムなフォルム

  • 人間ひとりのスペースに限りなく近い、全長700mm(歩幅程度)と全幅450mm(腰幅程度)のボディに、ステップ高150mmと低く段差のないステップを採用。周囲の人とのコミュニケーションが取りやすい立った姿勢での乗車スタイルとし、周辺への圧迫感が少ない先進的なフォルムを実現
  • ハンドルステム部(フロントフォーク上端とハンドル下端部中央とを繋ぐ部分)からシームレスにつながる樹脂ボディには、ワンタッチで脱着可能な取換式バッテリーを内包
  • ボディカラーには、ブラックを基調に、樹脂のウォームグレイと組み合わせたツートーンカラーを採用

  1. 安全・安心への配慮

周辺検知センサー部<オプション装着車>
周辺検知センサー部<オプション装着車>
  • 走行時前方の人や障害物との衝突回避に寄与する障害物検知機能を設定*3。ボディ前面の周辺検知センサーが検知すると警告音とパネル表示で警告し約2km/h*4まで減速*5。利用者の安全な走行をサポート
  • ハンドル操作時、操舵角を検知して走行速度を抑制する旋回速度抑制機能を標準装備。傾斜地での走行において、急斜面進入を通知し降坂時の速度によっては自動減速する急斜面検知機能も採用*3するなど、高い安心感を提供
  • パンクの心配がないノーパンクタイヤを採用
*3 C+walk T“Safety support”に標準装備
*4 距離2.5~3m程度の範囲で前方からの人や壁などを検知。自車の走行速度と人や障害物までの距離に応じて速度を抑制し、最大約2km/h程度に減速。回避した後、速度の抑制は解除
*5 天候や道路環境によっては、必要な性能がでないことがあります

C+walk T 主要諸元

   
(標準) Safety support
全長×全幅×全高 (mm) 700×450×1,210
ステップ高 (mm) 150
車両重量 (kg) 29
最小回転半径 (m) 0.59(その場旋回可)
乗車定員 (名)
1
身長制限
140cm~185cm
体重制限
100kg*1
モーター 種類 ブラシレスDCモーター
定格出力 (kW) 0.25
最高出力 (kW) 0.35
動力用主電池 種類 脱着式リチウムイオンバッテリー
容量 (Ah) 10.8
総電圧 (V) 25.2
総電力量 (kWh) 0.27
連続走行距離 (km) 約14*2
充電時間 普通充電 単相100V/6A 約2.5時間(満充電)*3
最高速度設定 (km/h) 2、3、4、5、6、10*4(切替可)
実用登降坂角度 (度) 6
段差乗り越え高さ (mm) 25
段差降り高さ (mm) 50
溝乗り越え幅 (mm) 100
操作方法 ハンドル型
ブレーキ Frドラム式、Rr
タイヤサイズ (in)
Fr10、Rr6
(ノーパンクタイヤ採用)
*1 社内測定値。荷物などを含んだ重量
*2 社内測定値。気温20℃、搭乗者の体重70kg、速度6km/hで平坦路移動した場合
*3 時間は目安であり、気温や電源の状態により充電時間は異なる
*4 10km/hは熟練者用

以上

C+walk Tの情報はこちら

Sustainable Development Goals

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を

ダウンロード(画像)

キャプション付でみる
  • C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
    C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
  • C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
    C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
  • 使用イメージ Shopping mall
    使用イメージ Shopping mall
  • 使用イメージ Factory
    使用イメージ Factory
  • 使用イメージ Airport
    使用イメージ Airport
  • ハンドルまわりのレイアウト
    ハンドルまわりのレイアウト
  • ハンドルまわりのレイアウト
    ハンドルまわりのレイアウト
  • 状態表示パネル
    状態表示パネル
  • その場旋回
    その場旋回
  • リチウムイオンバッテリー
    リチウムイオンバッテリー
  • リチウムイオンバッテリー(操作部)
    リチウムイオンバッテリー(操作部)
  • リチウムイオンバッテリー(操作部)
    リチウムイオンバッテリー(操作部)
  • 最高速度切替機能(操作部)
    最高速度切替機能(操作部)
  • 低床ステップ
    低床ステップ
  • 旋回
    旋回
  • 障害物検知機能(センサー部)
    障害物検知機能(センサー部)
  • マスターキーとサブキー
    マスターキーとサブキー
  • キー認証
    キー認証
  • C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
    C+walk T“Safety support”<オプション装着車>
  • 座り乗りタイプ(プロトタイプ)
    座り乗りタイプ(プロトタイプ)
  • 車いす連結タイプ(プロトタイプ)
    車いす連結タイプ(プロトタイプ)
  • C+walk ロゴ
    C+walk ロゴ
  • C+walk T ロゴ
    C+walk T ロゴ

関連コンテンツ