環境への取り組み

美しい故郷、地球を未来につないでいくために

「環境問題への対応なくして、クルマの未来はない」という強い危機感をもって、トヨタは、クルマづくりに取り組んできました。しかし、気候変動、水不足、資源枯渇、生物多様性の劣化といった地球環境の問題はいまだ山積しています。
このような地球環境の問題にわたしたち一人ひとりが向き合い、20年30年先の世界を見据えて挑戦を続けていくために、2015年10月、「トヨタ環境チャレンジ2050」を掲げました。
2050年に向けて、社会とともに持続的に発展できるよう、クルマの環境負荷をゼロに近づけるとともに、地球・社会にプラスとなる取り組みを進めていきます。

Prius PHV

「ゼロ」へのチャレンジ
-クルマの環境負荷ゼロをめざして-

自然災害による被害は、日本に限らず、世界各国で発生しています。こうした自然災害の原因の一つとなっている温暖化問題の解決に向けて、CO2排出量の削減が求められています。ゼロへのチャレンジは、クルマが走るときに排出されるCO2はもちろん、クルマの生産から廃棄までのライフサイクルで排出されるCO2、クルマを生産する工場から排出されるCO2を、可能な限り「ゼロ」にすることをめざしています。
例えば、「新車CO2ゼロチャレンジ」では、従来エンジン車の技術開発をはじめ、電動車の技術進化と普及促進に取り組んでいます。どんなに優れたエコカーも、普及しない限り環境に貢献することはできません。インフラもエネルギー政策もクルマが置かれる自然環境も異なるさまざまな国や地域の事情に合わせられるよう、電気とガソリンで走るハイブリッド車、家庭のコンセントなどから充電できるプラグインハイブリッド車、電気で走る電気自動車、水素で発電して走る燃料電池自動車といった選択肢を用意してエコカーの普及を進めています。
これらの取り組みを加速させることにより、トヨタは、2050年までに、新車1台あたりの平均CO2排出量の90%削減(2010年比)をめざして挑戦を続けています。

Prius PHV
水環境インパクト最小化チャレンジ

「プラス」へのチャレンジ
-地球・社会にプラスをもたらすことをめざして-

プラスへのチャレンジは、工場での水使用を最小限にし、排水をきれいにして還すこと、クルマづくりで消費する資源を節約し究極までリサイクルして使うこと、森林や生物多様性をまもることにより、地球・社会に「プラス」をもたらすことをめざした取り組みです。

例えば、「水環境インパクト最小化チャレンジ」として、トヨタのフランス工場では、使い終わった水に化学処理と生物処理を施し、川の水よりもきれいな水の排出を目指しています。処理された水はまた製造部門に送られ、一部は川に戻されます。この排水リサイクルや、雨水の利用、利用方法の見直しのおかげで、水の消費量を90%削減でき、今では1年のうち約330日、外からの水を一切使わずにクルマを製造しています。

特設サイトはこちら

水環境インパクト最小化チャレンジ

「トヨタ環境チャレンジ2050」は、2050年の未来に向け、トヨタが成し遂げるべき6つの環境チャレンジを掲げています。

詳細はこちら

トピックス

MIRAI

「町を走る空気清浄機!?」

クルマには年々高い環境性能が求められるようになっており、汚染物質をいっさい排出しないクルマの開発が進んでいます。水素で走るFCV「MIRAI」は、汚染物質を排出しませんが、それだけでなく、走ることにより町の空気をきれいにすることができる、空気清浄機のようなクルマなのです。
MIRAIは、空気中の酸素を取り出して水素と化合して発電しますが、吸い込んだ空気をフィルターできれいにしてから酸素を取り出しています。例えば、PM2.5はフィルターでろ過されるので、空気清浄効果があるのです。
このフィルターを改善していくと、技術的には窒素酸化物や硫黄酸化物も浄化することが可能で、次世代の「MIRAI」の開発において実現することを目指しています。
FCVが走れば走るほど町の空気がきれいになる。そんな未来を夢見て、チャレンジを続けていきます。

FCVの燃料である水素には、今後のエネルギーとして大きな期待が寄せられています。
わたしたちは、社会全体で水素エネルギーを使う仕組みづくりに参加し、脱炭素社会の実現に貢献します。

2050年脱炭素社会に向けた水素エネルギーの活用についてはこちら

MIRAI
オールトヨタグリーンウェーブプロジェクト

豊かな森や水や生き物などの自然を守りたい「オールトヨタグリーンウェーブプロジェクト」

わたしたちの暮らしは、生物多様性がもたらす自然循環によって生み出される多くの恩恵(自然の恵み)によって支えられています。自動車産業も、必要な資源の多くは自然界から調達されています。環境チャレンジ2050の一環として、トヨタグループ23社で2016年から立ち上げた本プロジェクトでは、森・水・生態系を保全するさまざまな活動に取り組み、「人と自然が共生する未来づくり」を目指しています。

特設サイトはこちら

オールトヨタグリーンウェーブプロジェクト
環境学習施設 トヨタの森

森に寄り添い、森に学ぶ「環境学習施設 トヨタの森」

豊田市にある「トヨタの森」では、市街地近郊にある社有林を、かつて人々の暮らしと共にあった「里山」の環境に整備し、動植物が生息しやすい森づくりをしています。1997年より一般の方々にも公開しており、自由に散策していただけるほか、里山の暮らし体験や自然体験ができるイベントを開催しています。また、森づくりから得た知見は、里山整備方法の見直しや、環境教育に活かしています。
ひとりでも多くの方が森に触れ、生命の尊さと多様性を学べることを願った取り組みの一つです。

特設サイトはこちら

環境学習施設 トヨタの森

環境への取り組み

  • 環境マネジメント
    環境マネジメント
    環境を経営の最重要課題の一つと位置付け、世界各地域、各分野において、連結対象会社、ビジネスパートナー、従業員等のステークホルダーと連携し、環境マネジメントを推進しています。
  • 環境報告書
    環境報告書
    トヨタの環境への取り組みについて年次報告書を発行しています。
  • 法令等に基づく公表事項
    法令等に基づく公表事項
    自動車リサイクル法をはじめとした各種法令に基づく公開情報をまとめて掲載しています。

  • econohito
    econohito
    「トヨタ環境チャレンジ2050」の達成に向けて、日々環境活動を行うヒトを紹介する動画です。
  • オールトヨタ グリーンウェーブプロジェクト
    グリーンウェーブプロジェクト
    オールトヨタ自然共生ワーキンググループが「地域をつなぐ自然共生活動」として取り組んできた活動を紹介しています。
  • TOYOTAの森づくり
    TOYOTAの森づくり
    「人づくりや地域との連携」「森と共生する仕組みの構築」を通じて、持続的な森づくりに向けて様々な活動を展開しています。