環境への取り組み

美しい故郷、地球を未来につないでいくために

トヨタは、創業以来の「豊田綱領」の精神を受け継ぎ、1960年代から継続して「環境」への取り組みを行ってきました。COP21でパリ合意がなされた2015年には、トヨタの地球環境に対する2050年までの長期的な取り組みを「トヨタ環境チャレンジ2050」として発表しました。

一方、世界へ目を向けると、各地では熱波や洪水、巨大台風や渇水等による被害が相次ぎ、人々の気候変動に対する危機感は、これまでにないほど強くなっています。世界の人々の暮らしを脅かす多くの課題は、複雑に関係しあっており、それらの課題を解決するために、2030年の目標SDGsの実現に向けて、世界は走り始めました。

トヨタ自身も、今、変わらなければなりません。2030年を超えて更に先まで続く持続可能な未来のために、トヨタは日々チャレンジし続けます。そして様々な課題の解決にもつながると考え、環境への取り組みを加速していきます。

COP21
気候変動枠組条約第21回締約国会議
主な更新箇所(2020年12月)
  • 環境への基本的考え方 P6
  • 工場CO2ゼロチャレンジ(2013年比のCO2削減割合) P20-21

トヨタ環境チャレンジ2050

  • トヨタ環境チャレンジ2050
    トヨタ環境チャレンジ2050
    環境報告書2020 P8
    「CO2ゼロ」と「プラスの社会」を成し遂げ持続可能な社会の実現に貢献します。
  • 2030マイルストーン
    2030マイルストーン
    環境報告書2020 P9
    トヨタが取り組む6つのチャレンジについて2030年時点の姿を示しています。
  • 6つのチャレンジ
    6つのチャレンジ
    トヨタが取り組む「6つのチャレンジ」を具体的に紹介しています。
  • 2030マイルストーン
    2030マイルストーン
    人とクルマと自然が共生する社会を目指して
  • 2050年カーボンニュートラルに向けたチャレンジ
    2050年カーボンニュートラルに向けたチャレンジ
    トヨタは2050年カーボンニュートラルに向けて全力でチャレンジしてまいります。

戦略・マネジメント

活動事例

自然共生

  • オールトヨタ グリーンウェーブプロジェクト
    グリーンウェーブプロジェクト
    オールトヨタ自然共生ワーキンググループが「地域をつなぐ自然共生活動」として取り組んできた活動を紹介しています。

「TOYOTAの森づくり」

森は地域・社会の重要な基盤です。トヨタは森が抱える課題や背景に向き合い、様々な活動を通して持続的な森づくりに取り組んでいます。

詳しくはこちら

主な取り組み
  • トヨタの森
    トヨタの森
    「人づくりや地域との連携」「森と共生する仕組みの構築」を通じて、持続的な森づくりに向けて様々な活動を展開しています。
  • トヨタ白川郷自然學校
    トヨタ白川郷自然學校
    白山麓の豊かな自然のもと、様々な自然体験プログラムやこどもキャンプなどを通じて、未来のための人づくりに取り組んでいます。
  • トヨタ三重宮川山林
    トヨタ三重宮川山林
    古くからの林業地帯である宮川山林の特徴を生かし、木材の生産やその利用、また森林空間の新たな活用を推進しています。

職場での取り組み

  • オフィスでの使い捨てプラスチック削減取り組み
    オフィスでの使い捨てプラスチック削減取り組み
    オフィスでの使い捨てプラスチックの削減にグローバルで積極的に取り組んでいます。

取り組み紹介動画

  • アルゼンチン
    アルゼンチン
    トヨタ環境マネジメント体制を構築し、環境負荷を最小限に抑えるため、日々環境提案・改善などの取り組みを行っています。
  • タイ
    タイ(英語のみ)
    プラスチックごみによる海洋汚染を減らすため、沿岸域の清掃やマングローブ植林など様々な取り組みを行っています。また、今回、海洋生態系保全に向けた啓発動画も制作しました。
  • インド
    インド(英語のみ)
    こどもたちの環境意識と行動を促すため、テーマパーク「トヨタ・エコゾーン」を建設し、水やエネルギーを守るための環境教育を行っています。
  • フィリピン
    フィリピン(英語のみ)
    海の環境保全のために、沿岸域の清掃活動やマングローブ植林活動を行っています。
  • インドネシア
    インドネシア(英語のみ)
    クルマの製造と野生生物が共生するために、植林活動や鳥などが住みやすい生息地づくりを行っています。
  • ベトナム
    ベトナム(英語のみ)
    環境NGOに車両を寄贈し、野生生物種の調査や保全活動を支援しています。

トピックス

環境に優しい2人乗りタイプのEV「C+pod」誕生

C+pod

C+podは、人の移動における、1人当たりの高いエネルギー効率を追求し、環境に優しい2人乗りタイプのEVとして誕生しました。2020年12月、EV普及に向けて検討を進めてきた法人や自治体などのお客様へ限定販売を開始しました。新たなビジネスモデル構築など普及に向けた体制づくりを一層進め、個人向け販売は2022年を目途に開始する計画です。

電動車の普及は、CO2排出量削減に不可欠です。トヨタは、EVのさらなる普及を進めていくため、「協調」の姿勢でオープンに仲間を募り、現在200以上もの法人や自治体とともに検討を進めています。

具体的には、今回のC+pod発売を機に、EVならではの新たなサービスを実証的に提供していきます。最適な充電設備工事と、発電時にCO2を排出しないCO2フリー電力などのEV向け電力プランについて、1つの窓口でサポートする法人向けワンストップサービス「TOYOTA GREEN CHARGE」の展開。観光情報とのセットでTOYOTA SHARE*1を活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」など、順次進めていく予定です。

EVの普及に向けたメージ(小型モビリティの世界)はこちら

*1 スマホひとつでかんたんに使用できるトヨタのカーシェアサービス
C+pod

「トヨタ環境活動助成プログラム」2020年度の助成対象を公表

トヨタは、国連環境計画(UNEP)からグローバル500賞を受賞したことを記念し「トヨタ環境活動助成プログラム」を立ち上げ、「生物多様性」と「気候変動」をテーマとする国内外のNGO、NPOの環境活動を支援してきました。

今回、2020年度助成対象として27件のプロジェクトを2021年2月に公表しました。

2000年のプログラム開始以来、21年間で累計440件、世界57の国と地域で助成を行っています。

トヨタでは今後もNPO等への各種支援を通じて、人と自然が共生する未来づくりに貢献して参ります。

助成対象プロジェクトの例

環境保全に向けたインドネシアゴム農家への環境教育及び生産性向上のための技術指導
「環境保全に向けたインドネシアゴム農家への環境教育及び生産性向上のための技術指導」
(活動地 : インドネシア)
一般社団法人コペルニク・ジャパン

この活動では、生産性が低く、環境負荷が懸念されている西カリマンタンのゴム農家を対象に、天然ゴム樹液の採取効率を向上し、樹木の寿命を延ばすレインガードの設置をすすめます。また、ゴム農家に対し環境教育を行うことで環境に配慮したゴム栽培実施を通し、経済性との両立も目指します。

環境保全に向けたインドネシアゴム農家への環境教育及び生産性向上のための技術指導
ロボットと協働する海岸清掃は多世代オープン・イノベーション
「ロボットと協働する海岸清掃は多世代オープン・イノベーション」
(活動地 : 福岡県宗像市)
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会

この活動では、世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産および緩衝地帯内で海岸漂着ゴミの清掃を行います。清掃活動ではロボットやドローンなどを活用し、多世代の多様な人たちによるオープン・イノベーションと海洋環境工学の人材育成を行います。

ロボットと協働する海岸清掃は多世代オープン・イノベーション

トヨタ自然共生方針を策定しました

活動事例 : 愛・地球博記念公園での植樹活動
活動事例 : 愛・地球博記念公園での植樹活動

これまでトヨタは、「生物多様性ガイドライン」(2008年)に沿う取り組みを進めてきました。しかしその後、生物多様性条約愛知目標の採択(2010年)、SDGs採択(2015年)、パリ合意(2015年)など、社会は大きく変化しました。

このような変化を踏まえ、今回、旧ガイドラインを「トヨタ自然共生方針」として刷新しました。

方針は、自然共生活動を推進するための考え方を示すものであり、今後の活動のよりどころとなるものです。トヨタは今後も、世界の様々な地域の関係者と協力しながら、自然共生活動を進めて参ります。

トヨタ自然共生方針はこちら

活動事例 : 愛・地球博記念公園での植樹活動
活動事例 : 愛・地球博記念公園での植樹活動

未来を担う子どもたちへ環境教育を

小学中学年の部 最優秀賞 長谷 一花ちゃん(8歳)
小学中学年の部 最優秀賞
長谷 一花ちゃん(8歳)

トヨタは、未来を担う子どもたちが、環境問題を自分事としてとらえ、自らの行動へつなげてくれることを願い、子どもを対象とした教育活動を行っています。活動の一つとして、こどもエコクラブさん所属のお子様を対象に、絶滅危惧種の動物たちを描いた「ぬり絵コンテスト」を実施しました。遊びを通じて多くの野生生物が絶滅の危機にあることを学び、自分たちの未来を考える、そのきっかけになれば幸いです。参加してくださった多くの皆様、本当にありがとうございました。

入賞作品19点はこちら

小学中学年の部 最優秀賞 長谷 一花ちゃん(8歳)
小学中学年の部 最優秀賞
長谷 一花ちゃん(8歳)