CASE

Connected(コネクティッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)といった「CASE」と呼ばれる新しい領域で技術革新が進む中、クルマの概念は大きく変わろうとしています。トヨタは、モビリティに関わるあらゆるサービスを提供し多様なニーズにお応えできる「モビリティカンパニー」として、「未来のモビリティ社会」の実現に取り組んでいます。

最新ニュース

Connected(コネクティッド)

Autonomous/Automated(自動化)

Shared(シェアリング)

Electric(電動化)

関連情報

トピックス

もしも右折が出来ない世界だったら?

運転中、右折時にヒヤッとしたことはありませんか?
大型車の陰に隠れた対向車にヒヤリとしたり、曲がった先の横断する歩行者にハッとしたり、右折時にはさまざまな危険が伴います。
日本では、右折による車両の交通死亡事故は実に左折の4倍以上(2017年交通統計より)。
もしも右折が出来ない世界だったら、交差点の人身事故が4分の1に…
しかし、実際は右折しないわけにはいきません。

ITS Connectは「安全な右折をサポート」。
道路とクルマが繋がるITS Connectなら、路側センサーが交差点をまるで鷹の目のように監視し、対向車や横断中の歩行者など、右折時の危険をあらかじめお知らせします。

ITS Connectについて

「右折注意喚起」のほかにも「赤信号注意喚起」「信号待ち発進準備案内」等、交差点での安心・安全をサポートします。

詳しい情報はこちら

最先端のITS技術が集結する「ITS世界会議」、2019年はシンガポールで開催。
2019年ITS世界会議 出展内容について

詳しくはこちら