スクロール

スワイプ

SDGs、持続可能な社会の実現に向けて

未来の地球と人々のくらしを守るために

トヨタは、商品を使うお客様の幸せを、その仕事に関わるすべての人の幸せを願いさまざまなモノやサービスをおとどけしています。

それは、創業以来、変わらない考え方で、SDGs(エス ディー ジー ズ)の精神そのものだと思っています。

わたしたちは、インターネットなどを活用してクルマと情報をやり取りできる技術、自動化、電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、今までとはちがう、すべての人が自由に移動できる社会の実現に向けて大きく変わろうとしています。

これは、この先ずっと、だれもが、安全で、環境にやさしく、住みやすい社会の実現につながると信じています。

トヨタに働く一人ひとりが、地球環境も含めた人々の幸せにつながる行動を起こすこと、それをわたしたちは、「幸せの量産」と考え、自分以外のだれかに、世の中に、未来に、おとどけする。

世界が目指すSDGsが達成されるために、トヨタもいろいろな取り組みをしています。

くわしく見る SDGsって?

取り組みの事例

吸いこんだ空気をきれいにしてもどす 燃料電池自動車「MIRAI」

水素と空気中の酸素をつかって、電気をつくり 走る燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」は、
走る時には二酸化炭素(CO2)は出さず、発生するのは水だけです。
また、電気をつくるために吸いこんだ空気を吸いこんだ時よりきれいにして空気中にもどします。

つくった電気は、災害などによる停電時には、避難所(ひなんじょ)や家庭などでも使うことができます。

MIRAIの燃料電池自動車の技術は、いろいろなものの動力源に活用でき、
バス、フォークリフト、トラックなど様々な分野で活やくしており、
さらに、船舶(せんぱく)や鉄道にも応用しようとしています。

トヨタは、これらの開発した技術の特許を使用する権利(けんり)を無しょうで提供したり、技術サポートなどをすることで、
世界のみんなと地球温だん化の抑制(よくせい)に貢献(こうけん)したいと考えています。

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標
くわしく見る
すべての人が自由に移動できる社会の実現「e-Palette(イーパレット)」

e-Paletteは、自動運転やクルマとモノがやり取りする通信など、
最新の技術を組み合わせてつくった新しいクルマです。

必要な時に近くまで来てくれて、行きたいところに連れていってくれる、
運転が困難(こんなん)な人、すべての人に移動の自由をとどけることができます。

また、e-Paletteは、環境にやさしい電動車の仲間です。

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標
くわしく見る
人の活動を支え、人と共生する「パートナーロボット」

トヨタでは、「人の活動を支え、人と共生する」の考えのもと、
身体の不自由な方や高れいの方を支えんする「パートナーロボット」の
研究に取り組んでいます。

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標
くわしく見る

生活支えんロボットHuman Support Robot

緑をもどそう。砂ばく化防止の支えん(中国)

中国では、たくさんの放牧などの理由により、
緑が失われ、砂ばく化が進むという深刻(しんこく)な問題をかかえています。

トヨタは、砂ばく化が進む地域(ちいき)に木を植えるとともに、
支えんが終了しても地域の方々が、緑豊かな環境で生活を続けることができるために、
そこに住む方々によって環境を守ることができる仕組みづくりをしました。

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標
くわしく見る

これまでの実績

るい計植樹(しょくじゅ)数約500万株

るい計緑化面積3,500ha以上(2020年3月時点)

Loading