サステナビリティの考え方

トヨタはグローバル社会と協調し、事業活動を通じて社会・地球の持続可能な発展に貢献する取り組みを進めています。取り組みの根底にあるのは、経営の「核」として受け継いできた「豊田綱領」であり、企業としてのあるべき姿を明確にした「トヨタ基本理念」です。

トヨタのCSR方針は、その「トヨタ基本理念」をステークホルダーとの関係を念頭にまとめたものです(2005年1月策定、2008年8月改定)。連結子会社を含めたすべての従業員と共有・実践し、社会に愛され、信頼される企業グループを目指します。また、取引先に対してもCSR方針の趣旨の支持とそれに基づく行動を期待します。

  • サステナビリティ課題
    サステナビリティ課題
    事業を行う上での課題とステークホルダーからの期待の双方の視点からサステナビリティ課題の特定を行っています。
  • CSRに関する主な評価
    CSRに関する主な評価
    サステナビリティを評価する主な株式インデックスを紹介します。
  • CSRの実績データ集
    CSRの実績データ集
    過去3年間のCSR活動の実績データを取りまとめています。
  • GRI対照表
    GRI対照表
    GRI「サステナビリティ レポーティング ガイドライン」の対照表を掲載しています。
  • ステークホルダー・エンゲージメント
    ステークホルダー・エンゲージメント
    すべてのステークホルダーを重視し、オープンで公正なコミュニケーションを通じて、ステークホルダーとの健全な関係の維持・発展に努めています。