愛知県企業庁及びトヨタ自動車株式会社は、トヨタ自動車新研究開発施設の造成・建設工事及び供用時の環境保全措置等を講ずるに当たり、各分野の専門家からなる「トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会」を設置しました。

  1. 委員会の設置目的

造成・建設工事及び施設の供用に当たっては、環境調査を実施し、環境に及ぼす影響を把握するとともに、その環境調査結果に基づき、適切な環境保全対策を講ずるため、専門家の指導及び助言を得て、的確な調査、科学的・客観的な調査結果の解析及び考察、並びに、環境保全措置、森林・谷津田(里山)の保全・維持管理等への調査結果のフィードバックを適切に行うことを目的とします。

  1. 委員会の構成員

委員名簿

(2019年4月1日時点)
区分 氏名 所属等
委員長 成瀬治興 愛知工業大学名誉教授
副委員長 芹沢俊介 愛知教育大学名誉教授
委員 大畑孝二 公益財団法人日本野鳥の会施設運営支援室室長
委員 織田銑一 元名古屋大学教授
委員 北田敏廣 豊橋技術科学大学名誉教授
委員 洲崎燈子 豊田市矢作川研究所主任研究員
委員 鷲見哲也 大同大学教授
委員 高橋伸夫 愛知県野鳥保護連絡協議会議長
委員 谷口義則 名城大学教授
委員 柳澤紀夫 公益財団法人山階鳥類研究所評議員
敬称略、委員長及び副委員長を除き五十音順