災害時の電力確保を目指し、移動式発電・給電システムを構築して電気を届ける実証実験を開始
トヨタ自動車株式会社
株式会社本田技術研究所

トヨタ自動車株式会社(代表取締役社長 : 豊田 章男、以下トヨタ)と株式会社本田技術研究所(代表取締役社長 : 三部 敏宏、以下Honda)は、大容量水素を搭載する燃料電池バスと、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを組み合わせた移動式発電・給電システム「Moving e(ムービングイー)」を構築し、いつでも・どこでも電気を届ける実証実験を開始します。

近年、台風や豪雨などの災害により送電網がダメージを受け、家庭や避難所に電気が届かないという問題が発生しています。この問題に対して、トヨタとHondaは両社の技術を持ち寄り、移動式発電・給電システムを構築して、電気を届ける実証実験を行います。移動式のシステムであるため、災害時には災害対応の一助として被災地で電力供給を行う一方、平常時にもイベントなどで日常的な活用が可能な“フェーズフリー”のシステムです。今回の実証実験を通じて、ニーズや使い勝手を検証します。

移動式発電・給電システム「Moving e」はトヨタの燃料電池バス「CHARGING STATION(チャージングステーション)」と、Hondaの可搬型外部給電器「Power Exporter(パワーエクスポーター)9000」、可搬型バッテリー「LiB-AID(リベイド)E500」・「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」、モバイルパワーパックの充電・給電器「Honda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept(チャージアンドサプライ コンセプト)」で構成され、「CHARGING STATION」にすべての機材を積み込んで必要な場所へ移動し、電気を供給します。
具体的には燃料電池バスを電源とし、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを用いてバスから電気を取り出し、電気製品に電気を供給します。

トヨタの燃料電池バス「CHARGING STATION」は、従来型の「トヨタFCバス」をベースに、高圧水素タンクの本数を倍増させて水素搭載量を大幅に増やすことにより、高出力かつ大容量の発電能力(最高出力18kW、発電量454kWh)を備えており、災害などによる停電時には「Power Exporter 9000」を介して、発電した電気を可搬型の大容量バッテリー「Honda Mobile Power Pack」や「LiB-AID E500」に貯めることで、避難所などの屋内や車内などで電気が使用できます。
なお、「CHARGING STATION」は車内に仮眠が取れるスペースを作っており、災害発生時には、休憩の場所としても活用することができます。
移動式発電・給電システム「Moving e」は、提供の条件が整い、実証にご協力頂ける自治体や企業に活用いただくことで、フェーズフリーなシステムであることを実証していきます。

フェーズフリー
身のまわりにあるモノやサービスを、日常時はもちろん、非常時にも役立てることができるという考え方。
日常時と非常時という2つのフェーズをフリーにする。

実証実験概要

開始時期
2020年9月
派遣可能エリア
燃料電池バス対応の水素ステーションより100km程度まで(目安)
電力供給量
最大約490kWh(往復200km走行した場合 約240kWh)
移動式発電・給電システム「Moving e」の構成
  • 燃料電池バス「CHARGING STATION」1台
  • 外部給電器「Power Exporter 9000」2台
  • 可搬型バッテリー「Honda Mobile Power Pack」36個、「LiB-AID E500」20個
  • 充電・給電器「Honda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept」36台
  • 「Moving e」を構成する機材一式
    「Moving e」を構成する機材一式
  • 「CHARGING STATION」から充電する様子
    「CHARGING STATION」から充電する様子
「Moving e」のシステム
「Moving e」のシステム
  • 燃料電池バス「CHARGING STATION」
    燃料電池バス「CHARGING STATION」
  • 「Power Exporter 9000」
    「Power Exporter 9000」
  • 「Honda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept」
    「Honda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept」
  • 「LiB-AID E500」
    「LiB-AID E500」

以上

Sustainable Development Goals

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

ダウンロード(動画)

Moving e(short version)
Moving e(short version)
Moving e(long version)
Moving e(long version)

ダウンロード(画像)

  • Moving e 機材一式
    Moving e 機材一式
  • CHARGING STATIONから充電している様子
    CHARGING STATIONから充電している様子
  • Moving e システム
    Moving e システム
  • CHARGING STATION
    CHARGING STATION
  • Power Exporter 9000
    Power Exporter 9000
  • Honda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept
    Honda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept
  • LiB-AID E500
    LiB-AID E500
  • LiB-AID E500
    LiB-AID E500
  • CHARGING STATION 休憩スペース
    CHARGING STATION 休憩スペース
  • バスに機材一式を積み込んだ様子
    バスに機材一式を積み込んだ様子
  • バスに積み込まれたHonda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept
    バスに積み込まれたHonda Mobile Power Pack Charge & Supply Concept
  • Moving e
    Moving e
  • Moving e
    Moving e
  • Moving e
    Moving e
  • 「CHARGING STATION」に2社のロゴが並ぶ
    「CHARGING STATION」に2社のロゴが並ぶ

ダウンロード(PDF)

Moving e 説明資料
Moving e 説明資料
パネルデータ
パネルデータ

関連コンテンツ