トヨタ、ウーブン・プラネット、持ち運び可能なポータブル水素カートリッジのプロトタイプを開発
トヨタ自動車株式会社
ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)とトヨタの子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(以下、ウーブン・プラネット)は、手軽に水素を持ち運びでき、生活圏の幅広い用途で水素エネルギーを使用できるポータブル水素カートリッジ(以下、水素カートリッジ)のプロトタイプを開発しました。静岡県裾野市にて建設を進めるWoven Cityをはじめとした様々な場所での実証を通じて実用化に向けた検討を進め、水素が日々の生活で気軽にご使用いただけるエネルギーとなることを目指してまいります。なお、2022年6月3日~5日に富士スピードウェイにて開催されるスーパー耐久シリーズ2022 第2戦において水素カートリッジのプロトタイプの展示※1を行うなど、多くの方に水素エネルギーをご理解いただき、より身近なエネルギーと感じていただける取り組みを行ってまいります。

ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)※2

トヨタとウーブン・プラネットは、カーボンニュートラル実現に向けた様々な選択肢を検討する中、水素を有力な選択肢の一つと位置付けています。水素は利用時にCO2を排出しないクリーンなエネルギーであり、風力、太陽光、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーを使って水素を製造すると、製造工程においてもCO2の排出を抑えることが可能です。また、水素は燃料電池システムと組み合わせて発電するだけでなく燃焼させることによりエネルギーを生むことができます。トヨタとウーブン・プラネットは、人がリアルに生活するWoven City及びその近郊で、水素の「つくる」「運ぶ」「使う」という一連のサプライチェーンの実証をENEOS株式会社とともに行う予定です。

水素カートリッジがもたらすベネフィット

  • ポータブルなサイズであるため、パイプラインなしで生活圏に水素を持ち運ぶことができます
    • サイズ(プロトタイプ)※2
      直径約180mm、全長約400mm
    • 質量(目標)※2
      約5kg
  • カートリッジ型であるため容易に交換でき、すぐに使用できます
  • 汎用性の高い仕様にすることで、幅広い用途※3への適用が期待できます
  • 小規模なインフラで対応できるため、災害時にエネルギーが供給されず孤立する地域や未電化地域などに貴重なエネルギーを供給できる可能性があります

次のステップ

水素は現在、主に化石燃料から生成され、肥料製造や石油精製工程といった工業・産業用として利用されていますが、使用環境ごとに安全基準も異なり、日々の生活を支えるエネルギーとして幅広い用途では利用いただけていない状況にあります。将来は、水素が非常に少ないCO2排出量で生成され、より多くの用途で使用されることが期待されています。政府も、安全を担保しながら、迅速に水素利活用を進めるための様々な検討を進めており、トヨタとウーブン・プラネットも多くの仲間の方々とともに積極的に協力していきたいと考えています。

今後は、水素がより身近なエネルギーとして生活の様々な場面で安全に使用されることで水素の使用量と使用用途が拡大し、更なる水素需要の創出につなげ、新たな水素サプライチェーンの構築を目指します。Woven Cityでモビリティや様々なアプリケーションなどに使用することを検討するとともに、Woven Cityに住む発明家をはじめとした皆様とともに、更なる水素カートリッジの可能性を模索してまいります。なお、水素カートリッジは今後のWoven Cityなどでの実証を通じて高圧水素タンクの前提で設計・開発を進め、より使いやすい水素カートリッジとなるよう、改善を重ねてまいります。

水素カートリッジの使用イメージ
水素カートリッジの使用イメージ

トヨタとウーブン・プラネットは、Woven Cityなどでのヒト中心の実証を通じて、住民の生活に寄り添う身近なエネルギーとして水素をご利用いただき、新たな価値と生活を提案することに取り組みます。将来はこの取り組みを日本、そして世界に広げ、誰もが気軽にクリーンエネルギーを使える社会とカーボンニュートラルの実現に挑戦してまいります。

※1 水素カートリッジの展示は6月4日、5日のみ
※2 今後、仕様やデザインの変更の可能性あり。質量目標(タンク満タンで5kg程度)はバルブ、プロテクター部除く。用途にあわせて今後複数の種類を検討。
※3 一般的なFCシステムで発電する場合、水素カートリッジ1本あたり一般的な家庭用電子レンジが約3~4時間運転できる電力量を想定(今後検討する高圧水素タンクの前提で電力量は約3.3kWh/本を想定)

以上

Sustainable Development Goals

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • パートナーシップで目標を達成しよう

ダウンロード(動画)

ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)

ダウンロード(画像)

キャプション付でみる
  • ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
    ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
  • ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
    ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
  • ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
    ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)
  • 水素カートリッジの使用イメージ
    水素カートリッジの使用イメージ

関連コンテンツ